スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H24年度 3月昇段昇級審査

お知らせ
 
 H24年度 3月昇段昇級審査会を3/24土曜日AM10:00より行う予定です。
 
今回の審査該当者は日程の確認をしていただいて、申込用紙を受け取り
 
平岡まで提出してください。
 
当日、審査終了後合わせて次の審査課題の練習も行います。
スポンサーサイト

山梨道場 最後の片付け

2月11日
 
 本日、山梨道場の最後の片づけをご子息様と、O氏、道場有志6名
 
合計8名で行いました。
 
とうとう今月の16日より解体工事が行われる事になったからであります。
 
解体工事を担当してくださるのは、偶然にも」昔の門下生のK氏でありました。
 
やはり、最後に山梨先生が呼び寄せているのかもしれないと感じました。
 
 
思えば私が入門しましたのは14歳の時でありました。
 
楽しいことも、つらいことも、良いことも、悪いことも、全てこの道場と共に歩いてきました。
 
私の情熱のすべてを山梨先生のもとで、稽古にぶつけてきました。
 
先生が倒れられてからの約10年間、3代目道場主として歩き続けてきました。
 
一介の者であった私が現在清進館を構えることができたのも山梨先生のおかげと思います。
 
道場に入りますと、様々な思い出が再び湧いてきます。
 
綺麗になればなるほど、自分の体が削り取られるようで寂しさがこみ上げてきます。
 
寂しいんです・・・
 
 
すでに歩き出した我々は道場解体を一つの区切りとして
 
後世に柔術合気道を残すべく更なる努力します。
 
山梨先生の生前のご厚情に感謝いたします。合掌
 
 

道場のわきに立てかけられていた木板を見てみると
柔術合気道の文字がありました。
平井稔先生も柔術合気道という言葉を使われておりました。
歴史の証人のような看板ですね。

神棚は神主様をお呼びして、納めてお焚き上げしてもらう事になりました。

山梨道場を側面より見る。
従来はここに倉庫が建っていましたので隠れていた部分です。
倉庫解体に伴い山梨道場も解体可能になった訳です。

この看板私と弟が、山梨先生に依頼されておつくりしたものです。
15年ほど前だったでしょうか?

この看板は今日お手伝いして頂いたO氏と私で作って立てました。
懐かしいですね。

披露宴演武

2月4日
 
 本日は、当流の大先輩でありますI端先輩より声がかかりました関係で
結婚披露宴演武へと行って参りました。
当方より、私、鈴木師範代、芦沢、古沢の4名で伺いました。
演目
・四方切り(白扇にて)
・体捌き
・帯刀体術(白扇にて)
・無手体術
・居合術
上記内容で演武いたしました。
式場は、静岡浮月楼 徳川慶喜が愛した庭園が現存する場所です。
景色を眺めると幕末の当時の情景が目に浮かぶような気持になります。
若い二人の旅立ちを心よりお祝い申し上げます。
 
追伸
2月1日に清進館において行いましたので写真を載せておきます。
恵方巻きは食べましたか?今年も無病息災でがんばりましょう(^◇^)
 
一般部の方へ 毎年片付けご苦労さです。日本の未来への投資と思ってご協力お願いします。
 

 
 

 
 

 

浅間神社奉納演武

2月3日
 
 昨日静岡浅間神社より廿日会祭奉納演武の出欠席のハガキが届きました。
 
昨年度は東北大地震で尊い多くの人命が奪われてしまいました。
 
すべての行事が自粛されてきました。
 
この1年間自分にできることはなんだろう?と思いながら過ごしてきました。
 
「がんばれニッポン」という言葉を胸に精一杯努力をしてきたつもりです。
 
 本年度は通常通り廿日会祭は執り行われるようです。
 
参加される方々は舞台に立つことのできる幸せを胸に日頃の成果を
 
思う存分体で表現してください。
 
打ち合わせ会議の後、詳細を発表しますので、よろしくお願いします。平岡
プロフィール

kiia

Author:kiia
日本光輪会清水道場です。静岡県静岡市清水区の清進館を中心に活動しています。体捌きを根源とする体術武器術を稽古しています。
会員は小学校1年生より受付ています。随時募集中ですのでお気軽にお問い合わせください。

電話受付:090-4252-5140(稽古中は電話に出れませんのでメッセージを残してください。こちらよりご連絡いたします。)
ウェブページ http://www.geocities.jp/kourin1971/

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。