H23年 鹿児島講習会

2011.10.15~10.16 鹿児島講習会
 
 本年もこの季節がやって来ました。
当方より私と望月助教芦沢指導員の3名で鹿児島に向かいました。
集合はAM5:30清水駅。
雨と風が強い中「飛行機は飛ぶのか?」やや不安を感じながら羽田空港へ向かいます。
空港に着くと雨もやみまったく問題なく鹿児島へと飛び立ちました。
AM11:20 鹿児島空港へ到着。
鹿児島支部の山元君が迎えに来てくれて、そのまま昼食に!
クララ?さんにて、鳥南蛮定食と鳥刺しを注文して、一年ぶりの鹿児島を堪能しました。
その後都城郷土資料館を見学に行き、井上真改(大坂新刀の双璧と称される刀工。俗に「大坂正宗」などとも呼ばている)の重要文化財の刀を拝見。そりが3ミリの直刀でした^^
 その後都城の荒牧木刀を見学させていただきました。日本の90%の木刀は、ここで生産されているそうです。
職人による、反り鉋の作業見て感動しました。つい目が輝いてしまいます。
 本題の稽古は15日は18:00~21:30、16日は9:00~16:00で行いました。
本年は織田さんに居合の稽古をマンツーマンにて教授できました。
門人の方々は体捌き7法、正面打ちの1教~6教、コバ返し、逆手投げ表裏(差し手)、入り身投げ、正面打回転投げ、円乱捕り、基本剣型をみっちり稽古しました。
 私はなかなか行くことができませんので、この年一回の講習会で何かを伝えられればうれしいですね。
織田さんが非常に頑張っています。門人の方々はしっかり支えてあげてください。そして、体捌きを通して心と体を練ってください。
 
稽古終了後は鳥刺しを肴に芋焼酎を飲みながら懇親会。話が尽きません^^
 
あっという間に2日間が終了となります。17:40の飛行機で帰途につきます。
自宅に戻って刀の手入れをして、明日の稽古の準備を終えると0:00でした。
 
お疲れ様でした。来年また会いましょう。
 
 
 

ここが公園になっていましす。その中に資料館が建っています。

ここに井上真改の刀が展示されています。
それ以外にも、戦中の特攻隊で散って行った若者の遺言、航空服、遺髪等も展示されていますので、
一度行った際には足を延ばしてください。
 

鍬野神社 神武天皇をお祀りしているそうです。鹿児島にはアマテラス関係の伝説等がいろいろ伝わっているそうです。
 

荒牧木刀工場 いい木刀作っていました。
 

懇親会 手前より 織田さん 私 井代初段 牧初段 六ちゃん
 

延々と飲み続けるつわもの達
ビンを持っているおとこが・・・

お稽古の合間に一枚 全員ととれなっかたのが残念でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiia

Author:kiia
日本光輪会清水道場です。静岡県静岡市清水区の清進館を中心に活動しています。体捌きを根源とする体術武器術を稽古しています。
会員は小学校1年生より受付ています。随時募集中ですのでお気軽にお問い合わせください。

電話受付:090-4252-5140(稽古中は電話に出れませんのでメッセージを残してください。こちらよりご連絡いたします。)
ウェブページ http://www.geocities.jp/kourin1971/

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR